複雑なストリングで描くには 

 

ゼンタングルも慣れてくると、同じストリングで描きがちになる方もいるかもしれません。そんな時は公式サイトで販売されているストリング入りのタイルを使ってみるのも面白いです。この三角タイルのストリングはかなり複雑ですね。

まず最初にシャタックを描いてみました。おっと、黒で描くつもりが「間違えて」茶色で描きはじめました。

このまま行きます。途中、集中していて撮り忘れました。とりあえず2枚、色違いにして描き並べてみました。

いい感じです! 茶色のペンはタイルにはよく映えてクラシックな赤にも見えます。茶色と黒の2色使いは初心者でも楽しめる黄金の配色です。3Zタイルは6枚同じ柄で描いてマンダラにしてもいいので、もし今後、描いたらアップしますね。

もちろん、違う柄のものを並べても美しいのです。ジェリーロールの金とも好相性です。ワークショップに参加できない方も、一人でたくさん描きためて並べて楽しんでください!

ストリング入り42枚パックは1箱22ドルです。

関連記事

  1. 3月10日(日)講座 タングルスピナーを作ろう(募集中)

  2. inktober2018

  3. タングルオーガナイザーを作る

  4. 水彩色鉛筆とゼンタングル

  5. デザフェス 新刊本ワークショップのご案内

  6. #inktobertangles の楽しみ方

  7. ゼンタングルで得られた心の自由

  8. ゼンタングル】マンダラの構図を考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »