ゼンタングル】マンダラの構図を考える

ゼンタングルはフリーハンドで描くため、厳密に線対称に描くのは難しいです。

もちろん、ちょっとぐらいゆがんでるのも含めて、自分らしさ! なのですが。

私が昔からよく使っているのは、中心をぐっとずらした構図です。ゼンダラは2016年の作品ですが、センターに配置するよりも、ダイナミックさが出ていると思いませんか?

右下のルネサンスタイルは、伊東屋さんのワークショップで描いたものですが、これも中心をずらすことで、四角いタイルに大きなマンダラを描いているように見えます。

見えないところの線がどうつながっているか、わからない場合は、後ろにコピー用紙などを敷いて補助線を描いてみるとわかります。

そして、今気づきましたが、ゼンダラは「レティキュラとフラグメント」を使っていますね! 中心が小さく、外に行くに連れて大きくなる構図です。こんな描き方もありますので、ぜひお試しください。

※追記 ゼンダラはZIAなのでコンパスを使用してもいい、という考え方もあります。ですが、私は道具を増やすのがいちいち面倒なので、フリーハンドを推奨しています。

関連記事

  1. 新学期 CZT準備講座のお知らせ【締切】

  2. メディア出演情報 10/6 NHK Eテレ

  3. 募集終了】ゼンタングル認定講師を目指す講座(CZT準備講座)【満員御礼…

  4. 3月10日(日)講座 タングルスピナーを作ろう(募集中)

  5. 美しい三角タイル

  6. モノタングルの愉しみ

  7. ゼンタングル 最初の1枚

  8. ゼンタングル講師に必要な2つの方向性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »