クリスマスの12日間★プロジェクトパック#4 0日目

始まりました! クリスマスの12日間。ハレルヤ!

今日は創始者マリアとお嬢さんのモリーさんの準備編です。プロジェクトパック特製用紙に2本の色鉛筆で、色をつけていきましょう、というものです。かんたんですね!

注意1 最初のほうでモリーさんが言っていますが、色の塗り方のバリエーションが最後にいろいろ紹介されているので、まずは1回通してビデオを見ることをおすすめしています。

ちなみにプロジェクトパックを買っていない方は、25センチの正方形の水彩紙を用意して、ホロスコープのようにオリジナルのテンプレート(コピーはダメですよ♪)を自作しても楽しいのではないでしょうか。

・25センチ角の紙

・水彩色鉛筆2色と筆

・ペーパータオルと筆洗いの水

注意2 色鉛筆の塗り方 これからタングルを描いていくので、セクションを全部塗ってしまわないようにしましょう、とのことです。まず色鉛筆を紙が乾いた状態(ドライ)でセクションの縁に塗ってから、水をつけた筆でぼかします。

一晩乾かして、「もし紙がうねっていたら、表面を下にしてハンカチか何かであて布をし低温のアイロンをかけてもいい」とマリアが言っていますね! アメリカから届いたとき紙の折り目ががっつりついていたので、アイロンかけようか悩んだのですが(笑)100%コットンなのでかけてもいいそうです。

さて、私がチョイスした色はこちら!

紫はパックに入っていたキンバリー社の水彩色鉛筆を使用。もう1色は水色が入っていたのですが、ちょっとおとなしいかな?と思い、手持ちのファーバーカステル赤(ディープスカーレット・レッド)を使用しました! みなさんお手持ちの色鉛筆を使われたらいいですね。色を塗るだけでもほんと楽しいです。用紙は2枚入っているのですが、何色にしようかな。

★水彩色鉛筆の使い方のコツ★

水彩色鉛筆は乾くと色が薄くなるので、足りないなと思ったらすこしずつ塗り足していくといいです。そして大事なポイント。色は混ざると濁ります。色を変えるときは筆をよく洗い、ティッシュやペーパータオルで拭いて綺麗な状態で使いましょう。

完成が楽しみです! 私が作ったタングルスピーナーは、来年1月から始まる、よみうりカルチャー八王子の講座でもレッスンで実際に使用しますよ。それではまた明日!

 

 

関連記事

  1. 新規】CZT準備講座・日曜クラス 募集

  2. 募集終了】ゼンタングル認定講師を目指す講座(CZT準備講座)【満員御礼…

  3. 水彩色鉛筆とゼンタングル

  4. 新学期 CZT準備講座のお知らせ【締切】

  5. 新しいディングスプラッツ

  6. デザフェス 新刊本ワークショップのご案内

  7. 色鉛筆の選び方 2018

  8. ゼンタングル】マンダラの構図を考える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translate »