プロジェクトパック4 水彩色鉛筆とシェーディング

プロジェクトパック4、もう11日目まで来てしまいましたね。

今回ちょっと気になったのは、水彩色鉛筆で色を塗って乾かした上に、鉛筆でシェーディングをするとテカってしまうということです。

気のせいかと思い、別の公式タイルで実験したのですが、やはりテカりました。これは紙の目が水彩の顔料でつぶれた上に、グラファイトの粉をのせるので、そうなるようです。ただ、さっぴつでこすると、多少テカリがぼやけるので、あまり心配はいらないかもしれません。

もう好みの問題ですが、水彩+鉛筆のシェーディングはあまり綺麗に見えなかったので、私は少なめにするか、タングルによってはなしにしました。

別用紙で油性色鉛筆で色を足すのも試しましたが、これも粉っぽくなってしまって気に入りませんでした! 色鉛筆を広い面にむらなく塗るのは、薄塗りを何度も何度も重ねるという技術と練習が必要で、これはゼンタングルメソッドと決定的に違うところです。

ともかくスピナーの完成を楽しみに待ちましょう!

関連記事

  1. inktober2018

  2. 描くことは祈ること

  3. CZT資格いつ取るか? 資格取得と1万時間の法則

  4. デザフェス 新刊本ワークショップのご案内

  5. メディア出演情報 10/6 NHK Eテレ

  6. ”No Mistakes”を伝えるのは難しい?

  7. 的外れな努力はやめよう! CZTを目指す英語力【2020年決定版】

  8. プロジェクトパック6【3日目】マーサのパールストリング

Translate »