ゼンタングルのための英語勉強法その6 契約、実務

勉強法についての最終回です。

結論から言いますと、契約や実務についてはセミナー終了後にきちんとテキストが配布されますので、その場で理解できなくても大丈夫です。

私の時は、最終日に「何か質問ありますか?」というところで、出版について質問されていた方がいました。ゼンタングルのロゴを使用していいケース、してはいけないケース、ゼンタングルを使用した商品の販売、タイルの販売の仕方、こうしたことは、CZTになった後にログインできるページにまとめられていますので、帰国してからゆっくり目を通しましょう。

またCZTが守るべきこと(契約事項)というのも非常にシンプルで数も少ないので、資格取得前から理解できるだろうか、と心配する必要はありません。

実際にもしあなたがご自分が描いた作品を、グッズなりに商品化したいと思った時は FAQをじっくり呼んでください。また読んで理解できなかったり、書かれていることと違うケースだと思われ、判断に迷った場合は Eメールで問い合わせをすることになります。メールは出来るだけ簡潔に、「自分がしたいこと」「それに当たって何が不安か、不明か」それを知りたい、ということでメールを書きましょう。ビジネスメールの書き出し、書き終わりは、ネット検索すれば文例が出てきますので、それを使用すれば大丈夫です。

私も実際に、出版等に当たって、何度かやり取りをしたことがありますが、一つだけ日本の出版社などと違う点は、返答に時間がかかるということです。特にリックとマリアがセミナー開催中だったりした場合は、返答に1週間以上かかる場合もあります。そこは即日返答がくる日本企業の営業窓口などの感覚とは違うということです。

アメリカ本部に問い合わせるほどのことではなく、日本の先輩講師がどうしているか助言をもらいたい、という点はCZTのFaceBookグループもありますので、そちらで相談することもできます。もちろん、私の講座を受けていただくときにお尋ね下さってもお答えできることでしたらいたします。

いかがでしたでしょうか。

英語そのものは日本で勉強は可能です。教材もたくさんあります。難しいのはセミナーを受講するその日までモチベーションを維持することではないでしょうか。鉄は熱いうちに打てと言います。一人で続けられるか不安な方はぜひお仲間を見つけてください。私のCZT準備講座ではみなさん仲良くなられていますし、渡米の相談も活発にされています。

東京にくるのが難しい方は、タングルアート村で学んだり、お仲間を見つけるのもいいでしょう。夢の実現に向けて、できることから行動していきましょう!

関連記事

  1. ゼンタングルのための英語勉強法その2 メルマガを読む

  2. ゼンタングルのための英語勉強法その3  Primer1 を読む

  3. ゼンタングルのための英語勉強法 その1

  4. 講師資格(CZT)セミナー 最新情報!

  5. ゼンタングルのための英語勉強法その4 話す

  6. 質問】講師になるには? まずおさえたい5つのステップ

  7. 2018年CZTセミナー日程

  8. CZT準備講座個人レッスン募集中

Translate »