プロジェクトパック6ノーミステイク 【イントロ】

プロジェクトパック6の動画配信が始まりました。

何と言っても必見は、イントロダクションの動画。マリアのタングルアイデア帖とでもいうべき、美しいジャーナルがリックとの軽妙な会話とともに紹介されています。もういちいち一時停止してじっくりながめたい美しさ、ダイナミックさです。

動画の見どころ】

注目していただきたいのは、黒インクのシミの上に描かれたタングルです。動画の中で説明されていますが、黒インクの上に描いてみて得られたインスピレーションから、白いページにも黒地に白のジェリーロールでタングルを描いて美しいコントラストを生み出しています。インクのシミの幅に合わせて、タイトルを入れたり、マリアの遊び心が炸裂しています。黒の上には白で描けばいい。このアイデアを発見した時は本当に興奮したでしょうね!

パックのメインアイテム】

メインは小さなジャーナルです。サイズ感がわかるよう、3冊のジャーナルを一緒に撮影したのでご覧ください。

一番下の大きいのが2019年現在、アメリカ公式サイトで販売されているジャーナル。2冊目の黒いのが私が2014年のCZTセミナーで配布されたもの(マリアのカリグラフィーによる名前入り)で、これはモレスキンのノートブックと同じ大きさ。一番上の緑の表紙のが今回のpp06のミニジャーナルです。サイズ的にはハガキぐらいですね。表裏描けるようになっていて24ページあります。

公式ジャーナルは大きいので、日本の普通のテーブルで広げて回して描くには横長すぎるのですよね。その点、ミニジャーナルはおうちやカフェで楽しむにはぴったりです。開いたところは、こちら。(下のカラーハガキは自作品です)

今回びっくりなのは、このミニジャーナル、インクのシミが3バージョンあることです。画像のは上バージョンです。他に斜めと横(ハガキのように)がありました。皆さんのお手元にはどのバージョンが届いていますか?

長くなったのでイントロダクションだけで終わりにします。

関連記事

  1. プロジェクトパック6【2日目】リックのアルカス

  2. 質問】ゼンタングルでグッズを作って販売できますか?

  3. ゼンタングル 最初の1枚

  4. スクラッチアート『美しい曼荼羅』作品1 〜製作裏話

  5. NHKカルチャー八王子講座のお知らせ【募集中】

  6. プロジェクトパック6【7日目】インディレラ

  7. 描くことは祈ること

  8. ゼンタングル講師に必要な2つの方向性

Translate »