『あなた自身のファインダーを通して見る』ゼンタングル 公式ブログより翻訳

独自のファインダーを通して見る

ゼンタングル公式ブログより翻訳しました。ゼンタングルに取り組んでいて、他の人の作品からインスピレーションを受け取流のはよくあることです。「この作品素敵!」と思って自分も同じタングルで描きたいなと思った時、どのような態度で望めばいいのでしょうか? クリエイターとしての姿勢、日本語で言うならば矜持について、示唆に富んだ内容なのでご紹介します。

『私は写真を撮る時、ファインダーを通して、美しさを探します。

人の写真を撮るときは、その人の個性のもっとっも輝いている部分を探します。また被写体が何であれ、その場面が心地よい幾何学になるように調整します。ファインダーを覗けばすぐにインスピレーションが得られるので、ショットについて深く考えないようにします。深く考えなければ、無理やり構成することもありませんから。

時折、面白い景色や場所を見つけると、カメラを持ってそこへ出かけて行きます。でも、そこへ行こうと思いついた時と同じ写真を撮るつもりはありません。自分のファインダーを覗けば新しい視点を発見できますし、その新しい発見に触発されるからです。

タングルでもそれは同じです。私が興味をそそるタングルを見つけたら、それを描いてみます。するとそのタングルが私をどこに連れて行ってくれるか、私が何ができるかがわかります。

私にとって、Zentangleタイルはカメラのファインダーのようなものです。空白で始まりますが、「タングルモード」をオンにすると、タイルの端がカメラのファインダーのフレームがわりになります。

しばらくの間、写真を撮ったり、タングルを描いたりしていくと、自分の視点が作品にどの程度影響するかがわかってきます。

だから写真や誰かのタイルを鑑賞したり(ニュースを読んだりしたら)、私はあえて写真、タイル(そしてストーリー)をその作品のクリエイターのファインダーを通して見ているのだと、意識するようにしています。

さあ、他の人のタイルやタングルからインスピレーションを受け取ったら、まっさらなタイルの上に比喩的なファインダーを設定して、あなた自身の創造性のインスピレーションに身を委ねましょう。あなたはきっと存在すら知らなかった驚きを発見するでしょう。

楽しんで!

2019.11.12 リック・ロバーツ』

リックの英語はシンプルかつロジカルなので、ぜひ原文も味わってくださいね! オリジナルのブログのリンクはこちら。

関連記事

  1. 新しいディングスプラッツ

  2. マインドフルネス瞑想入門】歩行瞑想からの「描く瞑想」

  3. モノタングルの愉しみ

  4. 水彩のゼンダラ(ZIA)シェーディングはどうする?

  5. クリスマスの12日間★プロジェクトパック#4 0日目

  6. プロジェクトパック#1 動画でゼンタングル

  7. ゼンタングルで得られた心の自由

  8. #inktobertangles の楽しみ方

Translate »