ゼンタングルを学び、自分の才能にめざめる

CZTとして、アーティストとして生きる

「ゼンタングルに出会って、劇的に人生が変化しました」

ゼンタングルを教えられるのはCZT(ゼンタングル公式認定講師)だけ。そのセミナーはアメリカでしか受講できないため、日本で活動する講師は十数名と、他のさまざまなアートに比べて圧倒的に貴重な存在です。だからこそ、私の人生はCZTになって劇的に変化したのです。

アーティストになる。毎日絵を描く。本を出版する。

あなたの叶えたい夢はなんですか?

CZTになるには

そもそもCZTになるには、どのような準備をすればいいのでしょう。
一般的なゼンタングルの書籍は、描き方、楽しみ方はのっていても、CZTになる方法を知ることはできません。また英語という言葉の壁も存在します。

この講座では、渡米前に学んでおきたいゼンタングル独特のテクニックを網羅しています。英語の壁を突破する上でも、事前に学んでおくことは大きな自信につながるでしょう。英語のテキストも使用。ゼンタングルに必要な英語表現に触れられます。

6回の講座でフィードバックを受けながら、段階的にスキルアップができます。
また、自分の個性を発見し強みを伸ばす方法についてもアドバイスが受けられます。

プログラム内容

DAY1 ゼンタングルの基本 スクエアタイル白を使用したトラディショナル・ゼンタングルの描き方を学ぶ。
DAY2 ブラックタイル ブラックタイルにホワイトペンで描く。反転したシェーディングとハイライトについて学ぶ。
DAY3 マンダラ・アート ゼンタングルの手法で描くマンダラ 白のゼンダラの基本を学ぶ。
DAY4  ルネサンスタイル 薄茶のタイルにブラウンのペンで描く。白鉛筆でのハイライトとシェーディングテクニック。
DAY5 {応用】カラー作品制作 色鉛筆やカラーペンを使用したカラーのゼンタングル作品(スクエアまたはゼンダラ)を描く。
DAY6 【応用】自由制作 自由制作、または文字アート、ディングバッツ(枠飾り)から選択。
その他 上記の他に公式タングルすべての描き方、英書によるエクセサイズが毎回加わります。

ゼンタングルの可能性にワクワクしています!

  • 会社員

    ゼンタングルのことは友人から教わりました。描いてみて楽しかったので、もっと深く学びたい、講師になりたいという夢をかなえるために、どうしたらいいのか、さがしていて佐藤心美先生にたどりつきました。まだ講師の数が少ないというところも魅力だと思いました。講師になっている自分を想像するとワクワクします。

講座概要

日時・場所 第3土曜日10時30分から12時30分。新宿駅近くの会議室にて。6月コース 1)11月18日 2)12月16日 3)1月20日 4)2月17日 5)3月17日 6)4月21日 10月コース4月開講予定
受講資格 ゼンタングル講師資格に興味のある方なら、どなたでも受講いただけます。未経験者可。
受講料 36,000円(ペン、タイル、画材費含む)
使用テキスト 『描き込んで楽しむゼンタングル』池田書店、Zentangle Primer1(アメリカから取り寄せになります)
持ち物 マス目タイプのノートまたは小さいスケッチブック、作品を持ち帰るためのフォルダ。カラー制作をする人は色鉛筆。
その他 公式タングル150種類の描き方のほか、自宅で取り組んでいただく課題がたくさんあります。

自分の才能にワクワクする、インスピレーションが湧く

ゼンタングルは自分の今描ける線を大事にし、appriciateするアートです。自分にも描けた! そしてもっと描きたくなる。そんなワクワク感を味わうことのできるレッスンは、他にはない楽しさがあります。

講師として、アーティストとして、より自由な表現力を身につけるためのプログラムです。

Translate »