クイックスタート

ゼンタングルの8つのステップであなたの最初の1枚を描いてみましょう。

1 感謝と気づき 美しい道具とアートに向き合う時間に感謝しましょう。できればテーブルを片付け、ツールだけにするとなお集中しやすくなります。

2  タイルの四隅に鉛筆で点をつける。あとでペンの線に溶け込んでほしいので、自分にわかる程度にうっすらと付けます。

3 点をでつなぐ。鉛筆でのびのびと。まっすぐである必要はありません。むしろ自由に。これも薄めに。

※ゼンタングルでこの線をボーダーと言います。

4 ストリングを鉛筆で描く。これも薄めに軽い筆圧で描きましょう。 ※スペースを区切る線をゼンタングルではストリングと呼びます。

最初の人は、ゼンタングルのZを描いてみましょう。取り組みやすいストリングです。

5 タングル(パターン)を描いてスペースを埋めていきます。好きなところから始めましょう。初心者の方は、クレセントムーン(下記)、ホリバー、フラックス、ベールズなど公式タングルがおすすめです。

6 イニシャル すべて描き終わったら、ぐるぐる回してみて上下を決め、小さくイニシャルを書きます。落款風にするなど工夫しても楽しいですね。

7 裏返して、日付とサインを入れます。後から見た時に、あの時こんなのを描いてたんだ、と感慨深く鑑賞できます。

8 もう一度感謝

ゼンタングルのタイルは短時間で描きあげられる設計になっていますが、ちょっと悩んでしまったり、次のタングルを思いつかない時は、気軽に手帳にはさんでおいて、また時間ができたときに続きを描き進めてもいいのです。時間をおくことで、新しいアイデアや着想が降ってくるのはよくあることです。

Translate »